聖心毛髪再生外来(聖心美容クリニック)とは?

AGA病院の中でも、知る人ぞ知る!薄毛治療総合治療院、それが聖心毛髪再生外来です。

聖心毛髪再生外来の特長は?

聖心毛髪再生外来とは全国に展開する聖心美容クリニックの薄毛に悩む男性、女性向けに提供される総合的な薄毛治療です。

「総合的な」というのはその治療の選択肢の幅の広さにあります。

聖心毛髪再生外来では、自毛植毛だけでなく、フィナステリドやミノキシジル、ザガーロといったAGA治療補代表的な薬による治療や、頭髪の薄くなったヵ所に有効成分を直接注入するメソセラピー、果ては、漢方による治療まで取りそろえられているほど。

それだけに、自毛植毛クリニックにありがちな、

別に植毛にこだわらなくとも、これくらいの年齢で、これくらいの症状ならば、まずは薬物治療から始めた方が良い。

という症例でも自毛植毛を勧めるようなことは、ありません。

患者の症状と希望、年齢等を踏まえた効果予測から、最も患者を満足させてくれる治療を、純粋に医学的な見地から、提案してくれます。

自毛植毛のやり方は?

こちらの自毛植毛は、ARTASという植毛ロボットを使った正確無比な手技です。

植毛ロボットARTAS

ARTASはアメリカで開発された手術補助ロボットですが、ロボットだけに非常に正確で速い手際には定評があり、現在世界中に広まっています。

日本でも、湘南美容外科クリニックにも導入されています。

植毛ロボットARTASとは?

植毛ロボットと言っても、植毛手術全般を行うわけではありません。

植毛は、移植する移植毛を採取する段階、次に移植毛を植えるためのスリット(ホール)を植える箇所に作る段階、植毛する段階の3つに分けられますが、現在植毛ロボットが行うのは第一段階だけ。それ以外は医師が行います。

なお、ロボットが自律的に手術をする訳ではなく、専門医が操作しますので、結局は医師の力量にも左右されます。

植毛の手技は、FUEというメスで切らない方法です。植毛にはメスで移植毛を含む頭皮を帯状に切り取る方法、FUT法もありますが、こちらのロボットは毛穴を一つ一つくりぬいていく手技で移植毛を採取してくれます。

FUE法はメスで切らないためダウンタイムが少ないし、心理的な抵抗が低いというメリットがあります。一方、一つ一つ毛穴をくり抜く時に、引っ張るので、移植毛が途中で切れてしまったり、切れないまでもダメージを受けてしまって、そのまま植えても生着しなくなってしまったりするリスクがありました。それゆえ、手術を行う医師の力量が結果にそのまま表れてしまう手技でもありました。

そうした医師の腕次第といった不安定さを補ったのが、このロボット、ARTASです。

治療費はどれくらい?

ARTAS植毛ロボットの特長には、正確さとスピードだけでなく、手術費用の安さもよく挙げられます。

例えば、1,000株植毛したケースでの治療費は、88万円、モニター価格だと68万400円まで下がります。

最大手のアイランドタワークリニックで1,000株植えた場合の治療費は、基本治療費20万円+1,200円/株 x 1,000株=140万円+消費税=151万2千円ですので、聖心毛髪再生外来の治療費は半額以下と、非常に良心的な額になっています。

自毛植毛以外の治療費も良心的です。

薬物療法は、AGAの標準薬であるフィナステリドは1か月分で6千円前後から処方してくれます。

メソセラピーは、1回6-7万円と高額ですが、有名なHARG療法の価格が15万円/回であるのと比べると半額以下に収まっています。

スポンサーリンク