紀尾井町クリニックとは?

東京と大阪に医院をかまえる「紀尾井町クリニック」は、20年以上の実績と12000件以上の症例数を数える自毛植毛で評判クリニックです。

体験者からの口コミや体験談の書き込みもかなり多く、自毛植毛の世界では有名なクリニックとして知られています。

ここではメスを使用するFUT法、メスを使用しないFUE法の両方を採用しています。

そして、長年の経験から生まれたFUT法、FUE法を併用させて組み合わせた「コンビネーション植毛」という新しい自毛植毛法が誕生しました。

1回の植毛でできるだけ多くの移植を実現しながらも、極小の傷跡でおさめるという熟練の自毛植毛専門医たちだからこそできる技術です。

FUT法はFUE法と比べて約半額の料金で施術が可能です。なので、この2つを組み合わせることで治療費もおさえられ、頭皮が硬い人でも植毛の量を増やせるのです。

ところで、紀尾井町クリニックの柳生院長は国際毛髪外科学会(ISHRS)の会長を務めた、とても有名な医学博士だということはご存じでしょうか。

国際毛髪外科学会(ISHRS)とは、1993年にアメリカで設立された歴史のある学会で本部はシカゴにあり、世界最大の自毛植毛専門の学会で非営利的組織の学術団体です。

世界70ケ国から約1,200人以上の自毛植毛専門医が会員に登録しています。

世界中の薄毛に悩む患者の利益を守り、安全な手術と医療の倫理と教育、科学の発展に貢献するために世界規模で活動している国際学会なのです。

過去に23人の会長がいる中で、ほとんどがアメリカ人でした。

アジア国籍の医師が国際毛髪外科学会の会長に選ばれるのは今回が初めてで、これはとてつもなく名誉なことです。この就任は、柳生院長の真の実力が世界に認められた瞬間でもありました。

会長に就任する前も、国際学会で座長や司会を担当したり、講演を開いた実績もあります。

また、過去に会長を務めた海外の医学博士たちが来日し、紀尾井町クリニックで柳生院長の手術を実際に見学したり、在籍する医療スタッフたちに技術を指導することもしばしばあり、これまでスタッフの意識改革や技術の向上に役立ってきました。

そんな紀尾井町クリニックの評判は治療費にも及び、他の自毛植毛の費用と比べても安い設定と人気です。

雑誌やテレビなど、数々のメディアに取り上げられることで知名度も年々上がり、東京と大阪にしかないことでクリニックが混み合うことも多々あります。カウンセリング(無料)や施術を受ける際は、日程に余裕をもって予約するのがベストでしょう。

スポンサーリンク